父子で作陶する北の嵐山で最も古くからある窯での電動ロクロ造形


大雪窯さんは、1970年に初代・板東陶光さんが開窯をし、
現在は2代目・窯元豊光さん、3代目・光太郎さんの父子が作陶を行っています。
旭川市を見下ろす自然に囲まれたアートスポット「北の嵐山」の中で最も古くからある窯です。

ギャラリーのほか、庭にはオブジェや東屋もあり、北海道の大自然と風景を楽しみながら
作品に触れられるのも魅力です。
・・・ 続きを読む →